東急リバブルは、首都圏や関西・札幌・仙台・福岡など、日本において広く新築・中古マンション・土地の仲介業者です。そんな東急リバブルの概要や特徴をご紹介しましょう。

東急リバブルの概要と特徴

東急リバブルは、1972年に設立された不動産仲介企業です。事業内容としては、不動産仲介業をはじめ、新築マンションや建売などの販売代理を行う新築販売受託業、新築マンションの分譲やリノベーション事業などを広く行っています。

不動産事業の需要と東急リバブルの取り組みで、営業収益は年々大きくなってきており、経営資源を活かしながら常に多くの人々のニーズに合った提案をしているのです。そんな東急リバブルは、東急不動産ホールディングスの子会社で、そのうちの不動産業を主に担っているのが特徴です。

不動産は決して安価なものではありません。ライフステージにおいて大きな一歩となるだろう不動産購入を適切に扱い、安全で安心な取引をするべく、東急リバブルは人材育成にも力を入れています。従業員一人ひとりが不動産のプロとして技能を高め、質の高いビジネスマナーと接客を目指しているのです。レベルの高い研修プログラムを組み、充実した内容で人材育成に取り組み、2007年には「能力開発優秀企賞」の受賞もされています。

社会貢献への取り組み

東急リバブルは、不動産事業を中心とする地域に根ざした営業活動という特徴により、安心できる街づくりへの取り組みにも積極的に取り組んでいます。その1つに、子ども110番の店としての活用を行っています。子どもの安全に対して、社会的関心は年々高まってきています。子どもが危険を感じた際に、緊急避難場所を設けることで、大きな地域貢献になると考えているのではないでしょうか。

また、地域により密着し、地元の人々に親しまれるような店づくりに取り組んでいるのも特徴です。地域の見守り活動も積極的に行っていくことで、より信頼のおける不動産事業と感じてもらえるような活動をしていると言えるでしょう。

まとめ

東急リバブルの会社概要や特徴、独自の取り組みについて紹介してきましたが、いかがでしたか。東急リバブルのような、不動産事業は数多くあり、広く展開されています。そんな中で、東急リバブルならではの強みや特徴を活かし、地域に根ざした取り組みや活動を行うことに力を入れていることは顧客にとって大きなポイントになることでしょう。不動産仲介業者でお悩みの方は、ホームページなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。