信和建設株式会社は、大阪市淀川区に本社を置く建設会社です。事業内容は、分譲マンションと賃貸マンションの建設をはじめとして、不動産のオーナー対する売買の仲介、さらに事業経営や管理にいたるまで、不動産投資についてトータルなサポートを行っています。

土地や建物に関する課題はすべて取りあつかい、ワンストップで解決するというのが会社としてのモットーです。もともとは、1959年に「信和住宅建設株式会社」として設立されたのがはじまりでした。同じ年にはすでに、現在の信和建設株式会社へと商号を変更しています。その後、信和建設として大きな転機となったのが、2004年のルネス事業部設立です。

国土交通省も推奨する「スケルトン・インフィル住宅」というのは、建物の骨格と内装を独立した構造にすることで、内部だけを簡単にリニューアルすることができる住宅です。その結果、100年長持ちする建物が実現し、確実に未来の世代へ資産として引き渡すことができるようになります。

信和建設の「ルネス工法」

そのスケルトン・インフィル住宅を実現するために、信和建設が推進しているのが「ルネス工法」です。梁をなくすことで天井を高くし、さらに床下に高さ60cmもの広大なスペースを作ることができます。これによって、明るくて広い、リフォームやメンテナンスのしやすいマンションを建てることができます。

ルネス事業部を設立した翌年には、オリジナルマンションブランド「Dolce Vita」の販売をスタート。ルネス工法の受注棟数が全国第1位となります。その後も受注棟数・総戸数ともに何度も全国第1位を記録するほど、ルネス工法は信和建設の代名詞そのものとなっています。

仲介管理店舗を「みつけや本舗」としてブランド化

また、2008年には仲介管理店舗を「みつけや本舗」としてブランド化。仲介業にも、いっそう力を入れています。そして同じ年には「天然温泉ひなたの湯」、2010年には「貸し会議室 大阪研修センター」を、大阪市淀川区に次々とオープン。貸し会議室は、のちに「JEC日本研修センター」へと名称変更されます。

不動産経営経営のノウハウから、その後の経営・管理までサポート

これ以外にも、スポーツ施設や駐車場の経営など、信和建設では積極的に不動産経営のノウハウを蓄積。それを、顧客へと還元しています。もともと、マンション経営を行うようになったのも、顧客と同じ立場になることで、より親身になったサポートができるように、との狙いがありました。このように信和建設では、創業以来一貫して「人のよろこびを自分のよろこびとする」という企業理念のもと、ただ建物を建てるだけではなく、その後の経営や管理までしっかり行うことを心がけています。

まとめ

これが地域のコミュニティにつながり、より良い街づくりになるという信念を持っているのです。2011年には、東京都中野区に東京支店を開設。そのエリアをさらに関東へも広めています。

今後も、100年住宅から200年住宅へというように、さらなる向上心を持ち続け、その企業理念を実現させていくための事業活動を行っていくでしょう。