企業によって経営理念や目標、働き方はそれぞれ異なるので、企業ごとに求める人材のイメージも違います。人材のミスマッチを防ぐために設定されるイメージ像ですが、大阪で建設業を展開する信和建設はどんな人材を求めているのでしょうか。信和建設では求める人材として3つの姿勢を重要視しています。

1. 自分だけではなく誰かのために考える姿勢

仕事は顧客やその先の企業に対して価値が発揮されることで成り立っている、というのが信和建設の考えです。なので、事業成功のためには自分や顧客、会社にとって良い仕事を行う姿勢が求められます。信和建設では良い仕事ができるように、自分を含め誰かのために考える姿勢を常に持てる人を求めているようです。

2. 常に向上し続け、改善していく気持ちを持つ姿勢

信和建設では、向上心の強く常に改善やレベルアップを続ける人も求めています。仕事には正解が存在せず、完璧に至る基準も特にありません。そこで大切なのは与えられた仕事を淡々と行うことではなく、向上心を持ちもっと良くなるように改善する気持ちを持ち続けることでしょう。そうすることで顧客への配慮だけではなく、仕事に対してのやりがいを感じるはずです。限界を定めることなく改善を続けていくことで、自分自身の成長にもつながります。

3. 目標達成の意識が強い人

仕事は成したことに見合った対価を受け取るものなので、難易度も高くなかなか上手くいかないこともあるでしょう。しかし、決めた目標を途中で諦めず達成させる人は周りや会社に信用につながるので、信和建設は目標を成し遂げる姿勢を持つことも大切だと考えています。仕事ではくじけることもありますが、目標を忘れず立ち向かう姿勢を持って仕事に取り組む人材を求めているようです。

まとめ

このように、信和建設では自分と誰かにとって良い仕事ができる姿勢を持つ人、向上心を持ち続ける姿勢を持つ人、目標達成に努力する姿勢を持つ人を求める人物像として重視しています。求める人物像に基づき採用活動を行っているので、良質なサービスを提供できる人材が揃っているのだと言えるでしょう。

3つの姿勢のうちどれか1つでも当てはまる人、また3つの姿勢を持って働きたいという人の募集を大歓迎しているので、将来性を感じる人材なら全ての姿勢に当てはまらない人材にもチャンスがあります。信和建設の仕事に興味があり、人物像にマッチしている人、もしくはこれから3つの姿勢を持ちたい人は選考を考えてみてはいかがでしょうか。